つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青

つかもと「二彩 6寸丸皿」糠青

通常価格
¥1,100
販売価格
¥1,100
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

ちょうど一人分のお皿

ちょうど 1人分のサラダを盛ったり、1人分のおかずを何種か盛ったりもできるお皿が6寸サイズ。大皿では大きすぎてしまうような毎日の食事には、1人サイズのお皿って実はとっても重宝します。

益子焼「つかもと」

1864年栃木県芳賀郡益子町に創業した「つかもと」さんで見つけてきました。

益子焼は江戸時代末期、笠間で修行した大塚啓三郎が窯を築いたことに始まると言われます。東京に近いことから、日用の道具の産地として発展しました。

また、数多くの窯元や作家さんがおられる益子焼は作り手によって、様々な表情を持っており、デザインも様々。でも一貫して感じるのは「ぬくもり」です。

一つ一つの工程は専門の職人さんの手によるもの。

最終的な仕上げも、一つ一つ丁寧に。角のない、益子焼らしいまろやかな手触りはこうして作られていきます。

彩色ももちろん手作業、プリントと違って完全に同じとはいきません。なので一枚一枚微妙に全部が違います。

大きな窯にたくさんの器が仲良く入っていきます。焼き上がりはどんな色になっていくんでしょう。

つかもと「二彩 6寸丸皿」は、伝統的な二彩と呼ばれる縁にすっと入った水玉模様がモダンな柄です。

柄は手作業で入れていくので微妙にサイズも釉薬のつき具合も違うので、一つとして同じものはありません。

写真を見ていただくと色にムラや点のような色があったりしますが、これは自然に入ってしまうもの。器の個性としてお許しください。

直径は19cmと大きすぎず、小さすぎず、おかずを盛るのにちょうど良いサイズ感。例えば朝食にはトーストと少し果物を、そんな使い方にもぴったりです。

<商品情報>
■サイズ:径19cm×H3cm
■素材:陶器
■産地:栃木県益子
■製造元:つかもと
■注意事項
・色合い・形・大きさなどに多少個体差がございます。掲載写真とそのまま同じものをお届けは出来ませんのは、手作りならでは表情の違いとしてご了承ください。
・食洗器は機種によってご使用いただけない場合がございます。取扱説明書をご参照の上でご使用ください。
・電子レンジは長時間のご使用はお避けください。
・オーブンは使用できません。
・ご使用前にしばらく水に浸してからお使い頂くと、よごれが入りにくくなります。
 
<配送について>
複数の届け先に配送希望の方は、届け先ごとに個別で決済をお願いします。
 
<お届け日数について>
通常、ご注文から土日祝を除く7営業日以内の発送となります。
商品のお届けまで楽しみにお待ちくださいませ。
_____________

その他の益子焼・つかもとの器や箸置きはこちらでチェック!